地方では直葬はできません

就職などで都会に出た方が、郷里のご両親がお亡くなりになった場合、東京で増えている「直葬」でやろうとした方がいるのですが、菩提寺があればそれは不可能だと言われてしまいました。

自分の家のお墓、と思っていても埋葬するには菩提寺のしきたりに従わなければ納骨することもできません。

田舎では火葬場に導師がくることはまずありません。

簡単に言うと、お通夜、告別式をやることは、仏の弟子となるための修行であって、最後に「引導を渡し」戒名をつけて初めて火葬ができるという一連の流れをふむ必要があります。

また、都会ではテレビなどで「お通夜がしめやかに・・・友人たちが故人をしのび・・・」とあり、そちらが主流の場合もある、と聞きましたが田舎ではよほどのことがないと告別式の方をメインに行います。

急な葬儀であわてた失敗は、伯母が生前に「アイバンク」に登録していたことは知っていたのですが、葬儀から何日もたって時すでに遅し、でした。

また、葬儀屋さんは生前に積み立てをした「葬祭センター」をそのまま使いましたが、料理代、生花代は通常より2倍位高いような気がしました。

お通夜の料理は別のところから注文した方がいいと思います。

その際、領収書はきちんと保管しておくのを忘れずにした方がいいです。

生花は会場指定の業者になってしまうので仕方ないです。

(長野県上田市 babapapaさん)