悩ましいおときの席順

長野県の葬儀は他県とはだいぶ違います。

通夜、納棺、出棺、火葬、告別式、お斉(おとき)の順番で行われるのです。

つまり、告別式の時点で故人はすでにお骨となっているということです。

告別式では大勢の皆さんがお焼香に来てくださいますが、祭壇に飾られるのは遺影と遺骨と仮位牌で、棺は当然ありません。

東京で葬儀に参列したときは棺が中央にあり、最後にお顔を見て花をお供えすることができました。

このやり方の方が、故人に対しても遺族に対しても丁寧だと思いました。

さて、大変なのは告別式の後に行われる、「おとき」と呼ばれる会食です。

お経をあげてくれたお坊さん三人を上座にして、親戚、その他縁のある人たちとの食事となります。

この「おとき」に誰をよぶか、席順をどうすかが難しいところなのです。

葬祭の担当者は「おときの席順は結婚式の席順と全く同じです」といいました。

かといって喪主の勤務先の上司を一番上にするわけにはいかない。

やはり故人の兄弟を優先したいということで、叔父に主賓の席に座ってもらいました。

親戚、近所、友人、喪主の勤務先の人など、70人を超える出席者の席順を決めるのには苦労しました。

こちらを立てればあちらがとなり、手伝いに来てくれていた親戚の人たちの意見がなかなか一つにはなりませんでした。

結局、最年長の叔父のいう通りにしようということで提出期限直前に席順表が完成しました。

故人との別れをゆっくりなんてしている暇はありませんでした。

ただただ葬儀の準備に労力と気力を使ったような感じでした。

「おとき」は宴会となり、遺族は「父がお世話になりありがとうございました」とお酌をしてまわるのです。

このような告別式のあり方に少々の疑問を感じていますが。

いずれにしても、多くの皆さんのおかげで無事に葬儀が済みほっとしております。

親がまだ元気なうちに 葬儀には誰を読んでほしい、席順はこうしてほしいという希望をきいておくと助かると思います。

(長野県長野市 nagashinoさん)