葬儀のやるべきことをしっかり把握

私の場合、妹が白血病で亡くなったのですが、みな、病院に詰めてほとんど寝ておらず、疲労困憊だったのもあり、あまりにも雑な対応をしてしまいました。

亡くなって最初にすることは、式場選びです。

式場は、病院から頂いたリストの中で選ばせてもらったので問題は無かったのですが、妹の生前の要望もあり、家族葬を選んだところ、本人の人柄のおかげでしょうか、通夜、葬儀とも、たくさんの方が来てくださりました。

来てくださったのはとてもありがたいことではあったのですが、家族葬のスペースでは収まりきらず、廊下から参列していただくなど、ご参列の皆様に大変申し訳ないことをしてしまいました。

人数をきちんと把握して、場所を選んでおけば、こうはならなかったと反省しております。

また、火葬場での精進落としでは、参加人数を間違えてしまい、あやまって成人の方にお子様向けの食事を出さざるを得ないことになってしまい、これもまた、大変申し訳ないことをしました。

こうならないようにするためには、基本的な情報は普段から押さえておくということです。

そうすれば、いざというときに、あれやこれやと、確認する事項を少なくすることができ、失敗のリスクが下がるとおもいます。

今回は、家族に葬儀を仕切った経験のある人間がおらず、すべて、事が起こってからの確認でした。

例えば、妹は結婚していたので、婿側の宗派に属するのですが、婿側はこういうことに無頓着で、自分の所属宗派もわからない状況。

また、金銭的な用意もすぐにできず、皆から費用をかき集めるなど、大変でした。

また、今回は、私がほぼ仕切ってやったのですが、ほとんどのことを自分でやろうとしたあまり、確認ミスが出てしまったので、親族で協力しあってあたることが大変重要かとおもいます。

また、香典返しでも苦労しました。

住所をきちんと頂けていなかったりしたので、きちんとお返しするのに時間がかかったので、現場で確認しておくべきでした。

(栃木県 M・Iさん)




初めての葬式はとにかくバタバタでした

お葬式はある日突然やってきます。

初めての事だったのでまずどうしたらいいのか、葬儀会社に何と連絡したらいいのか。そこから始まりました。

電話でお葬式をお願いすると担当の方が来てくれてちゃんと段取りを説明してくれるのでその通りに従っていればドタバタになりますが、無事終える事ができますが終わってみると反省点がありました。

1つ目は誰を呼んだらいいのか、また故人は誰を呼んでほしかったのかを事前に確認できていなかった事です。

それを事前に聞いておけたらお葬式の連絡がもっとスムーズにできたのにな。と思います。

また、合わせて連絡先の電話番号も確認しておく事が大切です。

2つ目は遺影の写真をどれがいいのか聞いておけたらよかったなという事です。

写真を掘り返して親族で写りのよいものを選びましたが、意外と写真を1つ選ぶのに時間がかかりました。

また、選んだ写真は私たちの感覚で写りがよいと思ったのを選んだだけで、その写真を故人はお気に入りの写りなのかどうかは分かりません。

生前に遺影の写真どれがいい?と聞くのはかなり失礼かと思いますがお気に入りの写真はどれ?と聞けていたらよかったな。と思いました。

今終活がはやっているそうですが、誰もがいつか来るその日のために生前から準備しておく事は自分にとっても身内にとってもよい事だと思います。

(兵庫県姫路市 ゆいさん)




悩ましいおときの席順

長野県の葬儀は他県とはだいぶ違います。

通夜、納棺、出棺、火葬、告別式、お斉(おとき)の順番で行われるのです。

つまり、告別式の時点で故人はすでにお骨となっているということです。

告別式では大勢の皆さんがお焼香に来てくださいますが、祭壇に飾られるのは遺影と遺骨と仮位牌で、棺は当然ありません。

東京で葬儀に参列したときは棺が中央にあり、最後にお顔を見て花をお供えすることができました。

このやり方の方が、故人に対しても遺族に対しても丁寧だと思いました。

さて、大変なのは告別式の後に行われる、「おとき」と呼ばれる会食です。

お経をあげてくれたお坊さん三人を上座にして、親戚、その他縁のある人たちとの食事となります。

この「おとき」に誰をよぶか、席順をどうすかが難しいところなのです。

葬祭の担当者は「おときの席順は結婚式の席順と全く同じです」といいました。

かといって喪主の勤務先の上司を一番上にするわけにはいかない。

やはり故人の兄弟を優先したいということで、叔父に主賓の席に座ってもらいました。

親戚、近所、友人、喪主の勤務先の人など、70人を超える出席者の席順を決めるのには苦労しました。

こちらを立てればあちらがとなり、手伝いに来てくれていた親戚の人たちの意見がなかなか一つにはなりませんでした。

結局、最年長の叔父のいう通りにしようということで提出期限直前に席順表が完成しました。

故人との別れをゆっくりなんてしている暇はありませんでした。

ただただ葬儀の準備に労力と気力を使ったような感じでした。

「おとき」は宴会となり、遺族は「父がお世話になりありがとうございました」とお酌をしてまわるのです。

このような告別式のあり方に少々の疑問を感じていますが。

いずれにしても、多くの皆さんのおかげで無事に葬儀が済みほっとしております。

親がまだ元気なうちに 葬儀には誰を読んでほしい、席順はこうしてほしいという希望をきいておくと助かると思います。

(長野県長野市 nagashinoさん)




冠婚葬祭用に控え目の薄いピンク色のリップを用意しておいた方がよかった

あれは正直しまったなぁ、って思ったけど、急な事だと中々難しいですよね。

私の祖父の弟が、心不全で急死したのは、私が大学二年生の頃でした。

本当に健康な人で、亡くなる2日前まで元気に車を運転していたことを覚えています。

だからこそ、入院してもたった1日で亡くなるとは思っていなくて、それはもう家族の誰も予想で来てなかったみたいで、皆が皆、「えっ…」ってなって、それから「葬儀を出さなきゃ」って大慌てになった感じでした。

とにかく葬儀会社の手配などは祖父や私の父がやって、そのほかの細々した雑用は祖父や叔母、私の母、それに私も手伝いました。

親戚一同への連絡や服の支度、それに家の掃除まで…。

そうしてとにかくバタバタしながら葬儀の当日を迎えたんですけど、いざ葬儀場で喪服を着る(私はスーツでした)、という段取りになったとき、母が「あっ」と声をあげたんです。

忘れ物があったのです。

それは、化粧道具でした。

もちろん、普段使い用のメイクは持っていました。

けれど、私たちは普段どちらかといえば派手なメイクをする事が多いので、深紅だとかワインレッドのリップしか持ち合わせてなかったのです。

結局葬儀には、殆どすっぴんに近い恰好で出ました。

もちろんお葬式ってあまり化粧はしないものでしょうけど、それでも冠婚葬祭用に控え目の薄いピンク色のリップを一本ぐらいは買っておこうと反省した1日でした。

(滋賀 長浜市 K.Hさん)




葬儀は事前にちゃんと見積もりをしたいと思います

今までに一回だけの葬儀を仕切ってきました。

母が亡くなった時、すでに父はいなくて私しか仕切る人がいなかったのです。

こんな時兄弟がいたらいいな、とよく思ったものです。

でも私が仕切らないといけません。

それなのに、何をしていいかわからないのです。

病院で亡くなって、病院から葬儀会社を紹介されたのです。

そういうものだと思っていたのです。

だからその葬儀会社で葬儀を行いました。

でもそれは当たり前の事ではなかったのです。

自分で葬儀会社を選ばないといけないのです。

それが当たり前なのです。

私は後から友人に聞いたのです。

亡くなった時はそんな余裕はないでしょうが、ちゃんと見積もりをしないといけないと言われたのです。

でも慌てなくてもいいのです。

病院側は早くとせかしてくるかもしれませんが、なるだけ待ってもらってもいいのです。

その間に、見積もりを出してもらい中でもいいなと思った葬儀会社に依頼をすればいいのです。

必ず病院から紹介された、葬儀会社に依頼をしなければいけないルールなんてないのです。

まずは焦らない事です。

そしていくつもの葬儀会社に見積もりを出してもらって、その中からじっくりと決めればいいのです。

そこを反省したいです。

(三重県四日市市 なっつさん)




葬儀屋さんに自分たちの希望を伝えることは大切

私の父の葬儀の時の話です。

私は県外に嫁いでいて、訃報は突然でした。

急いで実家に帰り、葬儀屋など母が互助会に入っていた所にすんなり決まりました。

大手の葬儀屋でしたが、一度通された会場に不具合があり結局別の会場に移動する事になりました。

移動した後に金額の話やどんな葬儀にしたいかという打ち合わせがありました。

「家族葬でこじんまりしたい」という胸を伝えると
「家族葬ですと香典は受け取れません」
と葬儀屋さんにはっきり言われました。

しかも「持ってこられた方の香典は返します(こうは言いませんでしたが近かったです)」
といわれました。

色々な制限を言われ結局普通の葬儀になりました。

地域性もあると思いますが、そこからは基本の葬儀から次々とオプションを言われ、もちろん金額も言ってきましたが、どんどん葬儀料が膨れ上がりました。

ここで自分たちの意思をはっきり言えると、希望通りというか自分たちがあげたいものに近いものが出来ると思います。

後は葬儀の打ち合わせの最中には口出しする親戚がいない方がスムーズに話が進むと思います。

後は田舎なので町内会お手伝いが来てくれたのですが、これまた好き勝手に冷蔵庫開けてジュース飲んだりと、本当に大変でした。

挨拶もうちは男の子がいなかったので、長女の私がと母が行ったんですが「男の人にしてください」と言われ結局婿の立場の主人がしました。

母や私達子供の立場がなく、主人もとても嫌がっていましたが「やってください」と言い切られしぶしぶでした。

悲しみの最中で中々頭が回りませんが、葬儀屋の言いなりにならない。

町内会の人にはこちらの意思をしっかり伝える。

この2点はかなり重要です。

(愛知県小牧市在住 葬儀は静岡県富士市 靴下さん)




葬儀の席では話し過ぎには注意したいです

高校の時の同窓生が亡くなりました。

去年会った時は、とても元気でした。

それなのにその一年後には、突然亡くなってしまったのです。

あまりにも突然でとても驚きました。

もちろん葬儀へは足を運びました。

最期のお別れをどうしてもしたかったのです。

ご両親と会うのは初めてです。

とても優しいご両親だとは聞いていました。

私は何度もご両親に、生前の娘さんとの事を話したのです。

一緒に行った旅行の話しや、趣味の事、特技などご両親が知らない事がいっぱいあると思ったのです。

だから私は、私の知っている全てをご両親に教えたかったのです。

でも私は何かと話し過ぎていたみたいです。

ご両親はとても口数が少なかったです。

それは娘さんを、若くして亡くしてしまったからなのでしょう。

少しでも元気づけられたらと思ったのです。

でもそれは余計な事だったのです。

葬儀ではベラベラ話をしてはいけません。

元気づけようと思っても、亡くなった娘の事でそんなにもすぐ元気になんてなれません。

葬儀の時は悲しみに包まれているのです。

その空気を無理して変えようとしなくてもいいのです。

だからこれからは葬儀では静かにしていようと思います。

そうしないといけないものなのです。

(三重県四日市市 みみりんさん)




地方では直葬はできません

就職などで都会に出た方が、郷里のご両親がお亡くなりになった場合、東京で増えている「直葬」でやろうとした方がいるのですが、菩提寺があればそれは不可能だと言われてしまいました。

自分の家のお墓、と思っていても埋葬するには菩提寺のしきたりに従わなければ納骨することもできません。

田舎では火葬場に導師がくることはまずありません。

簡単に言うと、お通夜、告別式をやることは、仏の弟子となるための修行であって、最後に「引導を渡し」戒名をつけて初めて火葬ができるという一連の流れをふむ必要があります。

また、都会ではテレビなどで「お通夜がしめやかに・・・友人たちが故人をしのび・・・」とあり、そちらが主流の場合もある、と聞きましたが田舎ではよほどのことがないと告別式の方をメインに行います。

急な葬儀であわてた失敗は、伯母が生前に「アイバンク」に登録していたことは知っていたのですが、葬儀から何日もたって時すでに遅し、でした。

また、葬儀屋さんは生前に積み立てをした「葬祭センター」をそのまま使いましたが、料理代、生花代は通常より2倍位高いような気がしました。

お通夜の料理は別のところから注文した方がいいと思います。

その際、領収書はきちんと保管しておくのを忘れずにした方がいいです。

生花は会場指定の業者になってしまうので仕方ないです。

(長野県上田市 babapapaさん)




父の葬儀での経験

父の葬儀はある程度、覚悟していましたが、やっぱりその日は突然やって来ました。

長兄が居るのですが、同居していない為、喪主は次男である私がやる事になっていました。

葬儀屋は既に決めていて、田舎の事ですので、近所で評判の良い、良く使われている所です。

この辺の部落は、同じ苗字の「○○家」というのが全て親族となっていて、約30世帯余り、古くからこの地域に住んで、本家から枝分かれした分家で構成されている地域です。

従って、冠婚葬祭も他とは違って、全て本家が基本、仕切り、分家は挨拶すらさせてもらえないようなやり方です。

その辺は、郷に入れば郷に従えで、本家の言う事を素直に聞いていれば、むしろスムーズに事が運ぶので、葬式などの非常時はむしろ助かります。

葬儀屋とは、祭壇の種類から、花、納骨用の坪、用意する食事のメニューその他諸々、詳細に打ち合わせをしました。

中でも、お通夜、告別式で用意する食事の人数と、告別式で火葬場まで同行する親類の人数(食事の用意)などは、決めるのに苦慮しました。

私の場合、兄が何かとアドバイスしてくれて支えてくれましたが、一人ではパンクしていたと思います。

特に大きな失敗は無かったので、良かったですが、普段から親の親戚関係、付き合い方など元気な内に聞いて置けば良かったと思いました。

また、父の定期預金が後になって見つかったので、当然、凍結され、家族全員の印鑑証明やら、戸籍謄本やら用意しなければならなくなり、至極面倒な事になりました。

当たり前の事ですが、死亡診断書を役所に届ける前に、必ず、本人名義の口座は解約しておきましょう。

(茨城県常総市 匿名希望さん)




葬儀の費用を抑えることができたのにと反省しています。

私はこれまで、4人の祖父母の葬儀に参列しました。

4人とも宗派は浄土真宗で、戒名料などもそれほど高額ではなく、そこそこ参列者もいた普通の葬儀で、目立った金銭トラブルのようなこともなかったです。

急性疾患などで突然死去したわけでもなく、死に対して家族がある程度覚悟していたので、スムーズに葬儀を執り行えたのも事実です。

ただ、私の田舎の方では、昔から実家で葬儀を上げる風習があったので、それを徹底してればもっと費用を抑えることが可能だったという反省点はあります。

田舎なので、例えば周辺住民の方々が積極的に葬儀の世話などをされる習慣があり、もっとそれに甘えて、必要最小限の費用で葬儀そのものを簡略化することは可能だったのです。

できれば、葬儀場ではなくって実家で家族葬みたいなこじんまりとした葬儀を行ってもよかったのかもしれません。

葬儀場に親族や遺族が通夜から葬儀の日まで宿泊して過ごすことが、ストレスになることがあった可能性があります。

ただでさえ、葬儀そのもので神経をすり減らしているのに、慣れない葬儀場に一泊するストレスは大変なものがあったのです。

家族葬とか地域社会の人たちに支えられたこじんまりとした葬儀のあり方を、これから先は検討してもいいのですね。

(熊本県玉名郡和水町 星空セントさん)