葬儀屋さんに自分たちの希望を伝えることは大切

私の父の葬儀の時の話です。

私は県外に嫁いでいて、訃報は突然でした。

急いで実家に帰り、葬儀屋など母が互助会に入っていた所にすんなり決まりました。

大手の葬儀屋でしたが、一度通された会場に不具合があり結局別の会場に移動する事になりました。

移動した後に金額の話やどんな葬儀にしたいかという打ち合わせがありました。

「家族葬でこじんまりしたい」という胸を伝えると
「家族葬ですと香典は受け取れません」
と葬儀屋さんにはっきり言われました。

しかも「持ってこられた方の香典は返します(こうは言いませんでしたが近かったです)」
といわれました。

色々な制限を言われ結局普通の葬儀になりました。

地域性もあると思いますが、そこからは基本の葬儀から次々とオプションを言われ、もちろん金額も言ってきましたが、どんどん葬儀料が膨れ上がりました。

ここで自分たちの意思をはっきり言えると、希望通りというか自分たちがあげたいものに近いものが出来ると思います。

後は葬儀の打ち合わせの最中には口出しする親戚がいない方がスムーズに話が進むと思います。

後は田舎なので町内会お手伝いが来てくれたのですが、これまた好き勝手に冷蔵庫開けてジュース飲んだりと、本当に大変でした。

挨拶もうちは男の子がいなかったので、長女の私がと母が行ったんですが「男の人にしてください」と言われ結局婿の立場の主人がしました。

母や私達子供の立場がなく、主人もとても嫌がっていましたが「やってください」と言い切られしぶしぶでした。

悲しみの最中で中々頭が回りませんが、葬儀屋の言いなりにならない。

町内会の人にはこちらの意思をしっかり伝える。

この2点はかなり重要です。

(愛知県小牧市在住 葬儀は静岡県富士市 靴下さん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>