葬儀のやるべきことをしっかり把握

私の場合、妹が白血病で亡くなったのですが、みな、病院に詰めてほとんど寝ておらず、疲労困憊だったのもあり、あまりにも雑な対応をしてしまいました。

亡くなって最初にすることは、式場選びです。

式場は、病院から頂いたリストの中で選ばせてもらったので問題は無かったのですが、妹の生前の要望もあり、家族葬を選んだところ、本人の人柄のおかげでしょうか、通夜、葬儀とも、たくさんの方が来てくださりました。

来てくださったのはとてもありがたいことではあったのですが、家族葬のスペースでは収まりきらず、廊下から参列していただくなど、ご参列の皆様に大変申し訳ないことをしてしまいました。

人数をきちんと把握して、場所を選んでおけば、こうはならなかったと反省しております。

また、火葬場での精進落としでは、参加人数を間違えてしまい、あやまって成人の方にお子様向けの食事を出さざるを得ないことになってしまい、これもまた、大変申し訳ないことをしました。

こうならないようにするためには、基本的な情報は普段から押さえておくということです。

そうすれば、いざというときに、あれやこれやと、確認する事項を少なくすることができ、失敗のリスクが下がるとおもいます。

今回は、家族に葬儀を仕切った経験のある人間がおらず、すべて、事が起こってからの確認でした。

例えば、妹は結婚していたので、婿側の宗派に属するのですが、婿側はこういうことに無頓着で、自分の所属宗派もわからない状況。

また、金銭的な用意もすぐにできず、皆から費用をかき集めるなど、大変でした。

また、今回は、私がほぼ仕切ってやったのですが、ほとんどのことを自分でやろうとしたあまり、確認ミスが出てしまったので、親族で協力しあってあたることが大変重要かとおもいます。

また、香典返しでも苦労しました。

住所をきちんと頂けていなかったりしたので、きちんとお返しするのに時間がかかったので、現場で確認しておくべきでした。

(栃木県 M・Iさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>