突然の告別式で慌てていました

実家の近くに住む、友人のお父さんが亡くなりました。

私は連絡をもらって、翌日の告別式に出席をしたのです。

実家まで車で三時間かかります。

朝早く礼服だけを持って、家を出たのです。

実家には寄らずに、そのまま告別式場へ向かったのです。

部屋を借りて、すぐに礼服に着替えました。

これで完璧だと思い、鏡でチェックしていたらなんとマニキュアがしてあったのです。

私は前日は彼氏とデートをしていたので、しっかりとマニキュアをしていたのです。

しかも真っ赤なマニキュアなのです。

さすがにまずいと思ったのですが、ここには除光液なんてありません。

そうこうしていたら、告別式が始まってしまったのです。

私はすぐに車に乗って、一番近くのドラッグストアへ行きました。

そこで除光液を買って、急いで車の中でマニキュアを落としたのです。

きれいには落ちませんでしたが、これくらいなら大丈夫だろうと思い告別式に出たのです。

黒色のストッキングがなかったので、肌色のストッキングを履いていたのです。

そして靴を脱いだ時、足のマニキュアに気づきました。

すっかり忘れていたのです。

足にもマニキュアがしてあったことを、私はすっかり忘れていました。

私の反省しないといけない点は、マニキュアだったのです。

(三重県四日市市 ななみさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>