田舎での葬儀を体験しました

田舎に住む友人のお父様が亡くなったのです。

私はとてもお世話になったお父様だったので、絶対に参列をしないと思いました。

そしてまだ三歳の娘を連れて行ったのです。

考えましたが、夫も出張でいないし誰も面倒をみてくれる人もいなかったのです。

でもそれがいけない事だと、後から気づきました。

田舎の人は全員、大人でした。

そしてほとんどの方が、かなりの高齢だったのです。

そんな中で娘は退屈で退屈で、歩きまわっていたのです。

私は何度も注意をしました。

でもなかなあきゃめることをせずに、ずっと歩き回ったり走っていたのです。

まわりからの視線がとても痛かったです。

なんとか娘をやめさせようと、何度もしましたが言う事を聞かなかったのです。

でも無理やりやめさせると、泣いてわめいてとても大変でした。

私は何度も外に出て、娘がおとなしくなるまで中には入らなかったのです。

でもその繰り返しで、入るたびに出るたびにとても痛い視線を感じていたのです。

とてもお世話になったお父様でしたが、やはり行かないほうがよかったみたいです。

それか娘を預けたほうがよかったです。

そのほうが、お父様にも迷惑をかけなかたでしょう。

お父様の葬儀を、私が台無しにしてしまったように思えて反省しています。

(三重県四日市市 ななみんさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>