仕事関係の葬儀にて

仕事でお世話になった方の葬儀での出来事です。

当日は雨模様で会場が駅から遠いこともあり足元に気をつけながら向かいました。

やっと会場を見つけてほっとすると一階の喫煙所に仕事関係の方がいらしたので挨拶をと思い近づいていき会釈をしたところ全くの別人でした。

引っ込みはつかないし本当に困りました。

結局何もなかったように平然とその場を去るしかありませんでした。

葬儀というと全員が喪服を着用しているので特に男の方は見分けがつかず、背格好が似ていれば皆同じに見えてしまうのです。

天気が悪く薄暗い日は要注意だと肝に銘じました。

その後会場に入り少し時間があったので会社の人たちと話をしていたのですが、会社を興した方の葬儀だったので社員は全員出席していました。

私は社員ではないので会葬者として席に着きましたが社員達は皆受付に立っています。

会場には席が沢山用意されていましたが親族・縁者が少なくて席は3分の1程しかうまっていませんでした。

受付は狭いところに沢山人がいるのでギュウギュウ、会場はスカスカという逆転現象が起きていました。

確かに社員は会葬の方達をお迎えする立場ですが会場の椅子に座っている人が極端に少ないのも寂しいものです。

こんな場合その場にいなくても支障のない何人かはそっと席についても良いのではないかと思いました。

最近は通夜のみ行かれる方が増えているそうなので、こんな光景を目にすることが増えるのではないかとちょっと寂しい思いがしました。

(東京都世田谷区砧 M.Mさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>