お通夜・告別式の思い出を偲ぶ演出

ご近所のご主人が若くして亡くなりました。

子供が3人もいて、末の子はまだ年少さんです。

子供が同級生だったこともあり、お通夜・告別式ともに参列しました。

まだ30歳の若さですから、ご友人の方々、会社のお付き合いのある方たちなど大変多くの参列者に溢れていました。

斎場は大きなところなのですが、それでも座りきれないのです。

そこで、溢れた人達はロビー近くのモニターで進行を待ちました。

私と息子もその中にいたのです。

そして気付いたのは、壁側に長テーブルが設えてあり、その上にアルバムやフォトスタンドが飾られていたのです。

若くして亡くなったご主人の思い出が並べてあったのです。

もちろん、家族を持ってからの歴史も手に取るように見ることが出来ました。

写真は涙なくしてみることは出来ませんでしたが、故人を偲ぶにはとても良い演出だったと感じました。

短い人生だったけど、「幸せな時間がいっぱいありましたね」と思えたのです。

出欠席を取るわけにも行かず、会場内に入れないのは仕方がないのですが、このような演出があるとお経を聞きながら故人に思いを馳せるのとは違った偲び方で、素敵な一案だと思いました。

葬儀社の思いつきなのか、それとも奥様の発案なのかはわかりませんでしたが、このような準備が整うのならば、親族の方をはじめ全ての参列者に歓迎される演出だと思います。

(群馬県渋川市 Kちゃんのママ友さん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>